日記・コラム・つぶやき

2017年1月 3日 (火)

2017年・・

おめでとうございます。本年も週末の「語り人」活動は進めてまいります。
今年は語りの面白さを広く伝える活動も開始できたらと思います。

さて、2月に結婚披露宴の司会を承っております。(勤務先の年の離れた後輩になりますが、仕事上は先輩ですかね。)お二人の人生の節目のお手伝いができ、うれしく思うとともに、しっかりとやらねばと思う次第です。
招待状の中に食事のアレルギーを申告するシールが入っていました。シールを貼って返信するのですね。最近はいろいろな配慮がなされているのですね。
ついでに、最近の披露宴で思うのは、招待者の多くがカメラマンになっていること。スマホで気軽にパチパチできるので、「カメラをお持ちの方は前へ・・・」と司会が言わなくても、高砂の席へ大勢の人が集まる。専属カメラマンに自分のスマホに撮影をお願いする。これ、宴の時間がおしてしまう原因なのだそうです。司会をしていて、時代の変化、技術の変化を目の当たりにする光景だったりします。
では、本年もよろしくお願いいたします。

161230_113932_r161230_114043_r_2

2015年12月14日 (月)

2015年の・・

昨日は、会社の後輩さんの人前式と披露宴の司会をさせていただきました。
招待された方々に、私の声はよく届いたようで、素敵な式の演出にお手伝いできたようです。
ご親族の方や何人かの方に「プロの方かと思いましたよ・・・」と言われてしまいました。
ありがとうございました。
気が付けば、写真を一枚も撮ってなかった。
緊張してたようで家に帰ってきたら、ドッと疲れが出て、先ほどまで寝てました。
ということで、今日は誕生日休暇です。

2013年12月22日 (日)

Windows8のPCを買いました

このたび、PCを購入しました。これまでのXPマシンからWindows8になりました。

これまでのXPマシンも動きはするのですけど、WEBアクセスに時間がかかり、Facebookページを表示させると重くて動かなかったんです。
いろいろ対策すれば、対応できるのでしょうが、XPのサポートもそろそろ終了するとのことなので、思い切って買ってしまったのでした。

タッチパネル対応機を買ったので、タッチパネルの機能に驚き、その立ち上がり画面にとまどい、まだ、Windows8のことがよく分かっていない状況です。

さて、残念なことがひとつ。
私は、録音用の音声編集ソフトには、「WaveLab Lite」という何かのおまけで付いてきたソフトを10年以上使っていました。
録音して、間違ったところを切り貼りして編集するのに、とても重宝していました。
このソフトが、Windows8では使えないのです。試してみると、録音はできているようなのですが、ファイルにセーブしようとすると、アプリが強制終了してしまいます。
何か設定ファイルがあるのかと思ったのですが、それもわからず。
WEBで検索すると、どうもWindows7以降ではファイルへの書き込みができなくなったようです。
これは、ショック。録音できないじゃないですか。
Freeの音声編集ソフトは、いろいろあるけれど、WaveLab Liteのような使い勝手は望めない。長年使っていたので、新たなソフトは使えないかも。
ということで、WaveLab Element 8 を購入することにしました。だいたい1万円で売っているようです。
なんだかいろいろ機能が付いているようですが、使いきれるかな。

2013年11月 6日 (水)

正伝寺

131019_shodenji

先日の京都での司会のついでに、1つだけお寺へ行ってまいりました。
「正伝寺」
その昔、私が学生だったころ、はじめてひとりで京都に行ったときに最初に行ったお寺です。
あまり有名ではないけれど、白砂の枯山水の庭園がとてもきれいなところです。(でも、JRのCMで紹介されたお寺です)
初めて訪れたその冬の日、小雪がちらちら舞って、キーンとした静寂の中、とても心がすっきりしたことを覚えています。参観料を払って、左手の暖簾をくぐると現れるその白い景色に、心を射抜かれたような感じでした。
以来、京都に行く時は、訪れることにしているお寺です。
京都駅から西賀茂車庫行きバスで40分ほど。終点のひとつ手前のバス停から15分くらい歩きます。

そして、10月19日は、ちょっと早めに家を出発して、何年振りかで訪れたのです。
降りるバス停は変わってないけど、周辺に家がたくさん建って、街の様子がずいぶん変わっていました。こんなに家があったかなぁ・・などと思っていましたら、何度も行っているはずなのに、迷ってしまいました。
確かにわかりづらいところにはあるのです。近くにゴルフ場があり、ボール除けネットがあるところまで来ているので、確かにこの辺なのだけど、いつまで歩いても着かないのです。焦ってしまいました。道を聞きました。どうやら行き過ぎていたようです。

ようやくたどり着いて、見学者は私一人。
静かなお庭を30分ほど独り占めしたのでした。
おしまい

2013年10月21日 (月)

京都で結婚披露宴の司会をしてきました。

10月19日(土)に京都で結婚披露宴の司会をして参りました。
披露宴専用のすてきな会場で、列席の方々のスピーチも演出も盛りだくさん。そんな中で、司会者として、お二人のよき日のお手伝いが出来て良かったです。
席も設けていただきましたので、司会の合間で席に戻って食事をして・・・という感じでした。なんだか同席した会社の皆さんとも、ゆっくり話をすることもできず、まあ、当然ですが、慌しい一日でございました。ほんとはゆったりといろいろ話もしたかったけれど、ちょいと愛想が悪かったかも。たぶん、司会で頭がいっぱいだったんです。ごめんなさい。
そうそう、メインのお食事はしっかりいただきました。でも、しっかり味わって・・とまでは言えなかったかも。まあ、仕方ないことなのですが。

さて、肝心の司会はうまくいったのか?
京都ということもあり、会場へは一度も足を運ばず、担当プランナーさんとも電話での打ち合わせでした。進行も直前でちょっと変更が入ったりと、自分の中でイメージ作るのがいまひとつでしたかなあ。やっぱり、できるなら、一度は会場を見て、担当者さんとも直接話した方が良いですね。
本番は、途中、何箇所かかんでましたけど、無事終えることは出来ましたという感じです。後から考えると、ちょっと冷静に進めすぎたような気がしてて、会場に高揚感を出してあげるのが足りなかったかもと反省しきり。実際はどうだったのかな?
プロではないからこそ、伝えられることがあるはずなので、そんなところが表現できていたならよいなあと思っています。
まずは、自分にお疲れ様でした。・・・つづく。

2013年9月11日 (水)

京都で結婚披露パーティーの司会をする

10月19日(土)に京都で結婚披露パーティーの司会のお仕事を承りました。
会社の20代の後輩君からのお話です。全体の進行役とその中でお二人の紹介をすることになります。すでに2回ほど打ち合わせをして、司会原稿作りを始めようかというところです。

これまで、5、6回ほど、友人、会社の知り合いの披露宴の司会をし、他にも立食形式のパーティーや2次会の司会もしてます。数えてみれば、こういう司会は両手では数えられない回数になってます。これも、朗読を趣味として、声を出すことを長く続けてきたからでしょうか。
人生の最高の幸せの場面の演出に関われることに喜びを感じるとともに、その大切さを思えば、その責任も大きく感じています。プロではなくアマチュアだから、その人を知っているからこそできる司会をするよう心がけています。

これまでの披露宴では、周りの皆さんからは、よかったという声をいただきます。
確か、渋谷のセルリアンタワーホテルでした。あそこはとても会場が大きくて、とても緊張したのですが、終わった後、会場のスタッフさんからも、
「お上手ですね。うちに来ているプロの方よりうまいです。何か、言葉が流れるように出てきますし・・」
とお褒めの言葉をいただいたこともあります。こんな言葉をもらうと、ほんとにうれしくなってしまいます。
ほんとか?と言われそうですが、本当です。

招待の立場で披露宴の席にいると、そのときの司会が気になります。
司会のうまい方、そうでない方、いろいろいらしゃいます。
うまい方は、その場をコントロールできていて、使っている言葉もうまいです。
たとえば、「祝福の拍手をお願いします」という言葉も、何回も使うと飽きてしまうので、いくつかのパターンを使って、繰り返しをなくしていたりします。婚礼で使う言葉って、普段は使わないような言葉が多いです。仰々しくならずに、でも、さらりと丁寧に、そして心地よい気持ちにさせるような言葉遣いって、なかなかでてこないのです。うまい方は、そういう言葉の引き出しが多い。こんな司会者に出会うと、うまいなあと思うとともに、そこでの言葉遣いをいただいたりします。
うまくない司会というのは、あんまり声が出ていなかったり、通りいっぺんの言葉遣いの人でしょうか。たぶん、披露宴司会の派遣会社にはマニュアルがあるでしょうから、それを使って名前だけ差し替えてるだけだろうって人もいたりします。たぶん、これだと自分の言葉になっていないから、伝わってこないのかもしれないですね。これは自分にも言えることですね。ちゃんとしないと。
そんな私の司会を評価すると、自分で言うのもなんですが、たぶん、10段階で7点くらいの司会ができていると思うんです。まあ、自己評価より、ご両人や来賓の方がどうとらえるかなのですが。

なにはともあれ、ご両人にとっては、一生に一回のこと。そのイベントを印象深いものにするには司会の役割は大きなもの。さて、来月、どんな司会をすることになるやら。
もう原稿作りを始めなきゃと思いつつ、まだ、着手できない今日この頃でありました。

2013年8月12日 (月)

第1回朗読カフェライブ(2013/8/2)出演しました!

8月2日(金)の朗読ライブは、無事終了しました。
こちらのページに写真があります。

http://roudoku.me/album/index.html

感想としては、一応、何とかやりきれたという感じでしょうか・・・
一人での朗読は、10分間。ステージ上では、あまり緊張はしなかったけど、読み進めていくうちに、集中力というか、気力がだんだんとなくなっていった感じがありました。
原稿を持って読んでいましたが、表現についていろいろと書きこんでいたことを見る余裕がなくなっていました。観客の皆さんの反応を気にしたからかもしれないです。
後半は、集中が途切れてしまっていたかもしれません。
観客の皆さんには、どのように聞こえていたのか。
どうだったのかな?
私の妻からは、
「まあ、それなりによかったのではないか」
との感想はいただけたので、
初めてにしては、まあそれなりに乗り切ったということでしょうか?

表現については、まだまだ勉強すべきところはたくさんあるでしょう。
もっと深みのある語りを目指して、再スタートです。

2013年2月14日 (木)

「ティファニーとともに幸せな週末を」 ・・その後

ということで・・始めたブログでしたが、なかなか更新ができません。
ナレーションして、編集して・・とかしていると、とても時間がかかってしまいます。

今回の題材は、新聞広告から読ませていただきました。こんな感じの短編小説をこのブログで読んでいければよいなと思っております。
吉田修一さんの作品は、「パーク・ライフ」を読んで以来でした。淡々と、でも、細やかな情景描写や心理描写が心の中にしみとおるようで、とても読みやすいです。モノローグのような語り口のお話を読むのが私は好きなようです。

今回のお話に関係して、クリスマスのときの写真です。時期は外れてしまいましたが・・

You_xmas

さて、現在は、別の題材に取り組み中。

LUMINE連載小説

これも2年前に新聞広告として連載されてたものです。
では、次の更新まで・・

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ