« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月31日 (火)

朗読「接吻」江戸川乱歩 (2)

何がつじつまが合わないかって、

この話のトリックである「洋服ダンスの鏡が45度の角度で開いていて、正面のものが左側に見えた」というのなら、鏡に映ったものは、左右が反転しているはずなのです。

でも、写真を入れた抽斗についての二人の発言を聞くと・・・
宗三は、真正面の箪笥の上の左の抽斗だと言い、
お花は、左側面の箪笥の上の左の抽斗だと言っています。

22262426


もし、お花の姿が鏡に映ったものだったとしたらですね・・・
お花が左の抽斗に写真を入れたというのなら、
宗三には、左ではなく、右の抽斗に入れたように見えるはずなのですが。

ということは、うそを言っているのは、お花であるというわけです。

2820


鏡で姿が反転することを作者の江戸川乱歩が気付いていないわけがない。
でも、お話の中で、はっきりさせていないのは、そういう含みを持たせているのだろうか?
江戸川乱歩の解説本には、そのあたりのことを書いている人はいるのかな?

ということなのでした。

では、もう一度お聴きください。

2017年1月25日 (水)

朗読「接吻」江戸川乱歩

今年初めにUPしました。30分くらいです。
YouTube動画の中にトリックのカギとなる図と会話を入れています。
わかりやすいかなーと思って解説の図を入れたのですが、どうでしょうか?

ただ、このお話、2人の主張のどちらが本当だったのかが、はっきりさせてないのですが、その種明かしのところが、よく読むとつじつまが合わないのです。図を書いてみてわかったのですけど。
ということは、つじつまが合わない方がうそを言っているということになるのですが、そこまで作者が意図していたのか?それとも、単なる間違いだったのか?

と、いろいろ書いても、読んでみないとなんのことだかわからないでしょうね。
では、お聴きください。

2017年1月16日 (月)

第2回吉野弘のこころを詠む 朗読コンクール

・・に、2017年1月14日(日)、ひっそりと行って参りました。
昨年、優勝を頂いたので、今年はやめておこうかなとも思っていました。
でも、事務局から募集案内が届きましたので、まずは応募してみましたところ、決勝に呼ばれた次第です。しかし、ほんとに出場するかは最後まで迷っていて、参加意思確認のハガキを締め切りぎりぎりで出したのでした。
今回は、吉野さんのこころを表現すること、昨年の講評で脚本家の山田太一さんからコメントされた「愛」を表現することを課題にして、自身の朗読の芸術点を高めるために出ることにしました。
・・とかっこいいことを書きましたが、実際に観客の皆さんの心のスイッチに声が届いたのかな?よくわかりません。マイクの前に立つと、「すかーんっ」と何をしたかったか忘れてしまってました。(結果は優勝ではなかったです)

迷っていたけど、でも、行ってよかったかな。伝える場をもらえたのも良いですが、
去年のことを覚えていたスタッフの方や去年も出場された方から声かけていただいたりとか、昨年11月の朗読マラソンで知り合った人が来ていたりとか。
それに朗読会を企画しているので、来てみませんかなんてお誘いを受けたりして。
うれしいことです。
ちょっとずつ、F2Fの朗読ネットワークも広がってきている感じかな。

今年の語り人活動も楽しみになってきました。

ちなみに、私が出演予定の第8回朗読カフェLiveは、2017年4月8日(土)に六本木シンフォニーサロンで行われます。題材選びなど開始しています。来場をお持ちしております。詳細が決まりましたら、こちらにUPします。

2017年1月 3日 (火)

2017年・・

おめでとうございます。本年も週末の「語り人」活動は進めてまいります。
今年は語りの面白さを広く伝える活動も開始できたらと思います。

さて、2月に結婚披露宴の司会を承っております。(勤務先の年の離れた後輩になりますが、仕事上は先輩ですかね。)お二人の人生の節目のお手伝いができ、うれしく思うとともに、しっかりとやらねばと思う次第です。
招待状の中に食事のアレルギーを申告するシールが入っていました。シールを貼って返信するのですね。最近はいろいろな配慮がなされているのですね。
ついでに、最近の披露宴で思うのは、招待者の多くがカメラマンになっていること。スマホで気軽にパチパチできるので、「カメラをお持ちの方は前へ・・・」と司会が言わなくても、高砂の席へ大勢の人が集まる。専属カメラマンに自分のスマホに撮影をお願いする。これ、宴の時間がおしてしまう原因なのだそうです。司会をしていて、時代の変化、技術の変化を目の当たりにする光景だったりします。
では、本年もよろしくお願いいたします。

161230_113932_r161230_114043_r_2

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ