« 【伝わる朗読とは】19:五感に語りかける作品 | トップページ | 朗読 「日記帳」江戸川乱歩 »

2016年4月23日 (土)

【伝わる朗読とは】20:音で演出する

前回は、読んで五感に訴える力の大きい作品は、朗読に向いていると書きました。
このような作品を朗読するときは、叙事をめざすのではないかと思います。語り手が感じたように読むのではなく、聞き手が情景をイメージできるように読むという感じでしょう。例えば、情熱的な文章と感じたら、文章も熱っぽく読むというのは違うのではないかと思うのです。かといって、淡々に読むのではないけれど、あくまで第三者的な視点も持って読むという感じでしょうか。

朗読会では、よく生で音楽を入れて演出をすることがあります。
BGMとして、音楽を入れる。話に合わせて即興的に音楽を入れてもらう。などなど。
それはそれで、聞き手への伝わり方に良い効果を生み出すものだと思います。

しかし、私は、音楽と一緒に朗読するのは違う気がしています。正しく言うと、音楽と一緒に朗読することと音楽なしで朗読することは、違うパフォーマンスだと思うのです。
物語の内容やシーンから、明るい話や暗い話と判断して、演奏家の人が作品の雰囲気に合わせた音楽を流すのは、まさにその雰囲気という叙情を音楽で伝えることとなり、聞き手側に演者の思いを押しつけることになるような気がするのです。

そして、音楽で朗読の言葉が負けてしまうこともあるでしょう。これは、音量の違いというのでなく、音楽を聞くと、その音楽を感じてしまい、朗読された言葉を聞くということがおろそかになってしまうのではないかと思うのです。
聞き手にとっては、今、聞いているこの話は、今、聞いている音楽のように明るい感じなんだなという感覚だけで満足してしまい、朗読している言葉は聞いてもらえない状態になるという気がしています。演奏家が音楽をつけてくれる朗読会は、実は、演奏会になってしまっていないかと思うのです。

場面展開の時や効果音的に、要所要所で音を出すという程度なら、聞き手の意識の転換を促す点で、より朗読を聞いてもらえる効果が出るのではないかと思います。
前回の「羊と鋼の森」で言えば、調律師が調律しているシーンを朗読で聞いているときに、実際のピアノの音が聞こえてきたら、もしかしたら、これは、いい効果があるような気がします。
前のブログでは、物語を目で読んでいる時にピアノの音が聞こえると良くないと書きました。今回は、朗読で物語を聞いている時のピアノの音は良いというのは、ちょっと話が違いますね。
これは、目で読むという行為には、音を聞く行為が邪魔と感じてしまうのかもしれません。耳で物語を聞いているときは、音を聞くことには障害はないが、その音も、事象を示しているのならいいけれど、情景を示すような音(音楽)は、聞き手がイメージするときに障害がでてくるのではないかと思います。でも、これも、私の感じることですから、他の方には違った感覚になるのかもしれません。

もちろん、音楽と朗読をコラボした朗読会はあってもよいと思います。たぶん、聞き手には伝わりやすいものになるでしょう。ただ、本当の意味での朗読が伝わっているかといえば、音楽の力に頼っているのだということを意識している必要があると思っています。

自分も言葉だけでちゃんと伝えられるようにしたいと思っています。

« 【伝わる朗読とは】19:五感に語りかける作品 | トップページ | 朗読 「日記帳」江戸川乱歩 »

伝わる朗読とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591069/63525111

この記事へのトラックバック一覧です: 【伝わる朗読とは】20:音で演出する:

« 【伝わる朗読とは】19:五感に語りかける作品 | トップページ | 朗読 「日記帳」江戸川乱歩 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ