« 【伝わる朗読とは】2:語り手側の意識のこと | トップページ | 【伝わる朗読とは】3:朗読の上手/下手 »

2015年10月22日 (木)

■第7回古典の日朗読コンテスト(2015年)

今日は、朗読コンテストの応募結果を・・・

このコンテストは、古典を声に出して読んでみることをテーマに毎年行われている朗読コンテストです。
7回目の今年、応募いたしましたところ、先日、結果が届き、入賞ならずでした。
でも、HP上で、「最終選考まで残られたその他の応募者」として名前を挙げていただきました。

 http://www.kotennohi.jp/contest2015.html

私は、『伊勢物語』9段「東下り」を読みました。
(ここに音声を上げるのは止めておきますが・・)

古典を読むことは、そんなに経験がなかったので、正直なところ、どのように読むのが適当なのかよくわかりませんでした。とにかく、古いものとは思わずに、現代でも通ずるようなお話として、読んでみました。それが良いのか悪いのかわからないですが、自分らしい読みとなってうまく表現できていたのでしょうか。

選考結果の通知の中に審査員のコメントが書かれています。
これは、今後の注意点の確認と励みにもなりました。

入賞できなかったのは残念ですが、多くの応募がある中で最終選考まで残ったのは、うれしかったです。ちょっとずつ進歩しているのでしょう。今後も聴いていただける場として、応募していきたいと思います。

« 【伝わる朗読とは】2:語り手側の意識のこと | トップページ | 【伝わる朗読とは】3:朗読の上手/下手 »

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591069/62529930

この記事へのトラックバック一覧です: ■第7回古典の日朗読コンテスト(2015年):

« 【伝わる朗読とは】2:語り手側の意識のこと | トップページ | 【伝わる朗読とは】3:朗読の上手/下手 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ