« 第1回朗読カフェライブ(2013/8/2)出演しました! | トップページ | 京都で結婚披露パーティーの司会をする »

2013年9月 9日 (月)

これが昭和8年に書かれていたとは・・

新たな朗読を「朗読カフェ」にUPしていただきました。
「津浪と人間」寺田寅彦
朗読カフェのページにとびます! http://roudoku.me/ninomiya/tsunami.html
お暇であれば、お聞きください。

この「津浪と人間」は、まったくもって、今の日本にも当てはまることであり、興味深いお話です。いわゆる「天災は忘れたころにやってくる」という言葉は、寺田の随筆から引用されたとも言われているそうです。(実際の氏の随筆には、そのような表現はないのですが・・)

他の作品でも、彼の視点は、今を生きる我々でも十分に共感できるものであり、これが戦前に書かれていたということに驚きを感じます。もし、彼が、今を生きていたら、この日本の現状について、何を語るのだろうと思ったりします。

話は変わりますが、次回のライブは、2013年12月6日(金)の予定。
何を読むか検討中です。

« 第1回朗読カフェライブ(2013/8/2)出演しました! | トップページ | 京都で結婚披露パーティーの司会をする »

朗読」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591069/58156091

この記事へのトラックバック一覧です: これが昭和8年に書かれていたとは・・:

« 第1回朗読カフェライブ(2013/8/2)出演しました! | トップページ | 京都で結婚披露パーティーの司会をする »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ