2017年3月19日 (日)

第8回朗読CAFEライブ 2017/4/8@六本木シンフォニーサロン(その2)

半期に1回開催している朗読cafeライブのご案内です!

【第8回朗読カフェライブ】
日時:2017年4月8日(土) 第1部14:00~ 第2部18:00~ 開場は開演の30分前
   第1部終了後、懇親会あり。ソフトドリンク、コーヒー付き
場所:六本木シンフォニーサロン(東京メトロ六本木駅2番出口 シーボンビュービル8階)
料金:1部1000円、2部1000円、通し1800円
メンバが一人で語ったり、多数で朗読劇をします。なお、1部と2部の演目は異なります。
それぞれ100分くらいの朗読会になります。第2部終了は、19:45くらいとなります。
私は、第1部と第2部で、それぞれ6分程度、一人で語る時間をいただきました
朗読劇にもいくつか出ます。どちらかというと、第1部の方が出番が多いです。
チケットは、こちらのページの私のアドレスまで連絡して下さい。
お名前と1部、2部、通しの枚数を連絡してください。手配させていただきます。
当日は、受付でお名前を申し出ていただき、入場する形になっております。
どうぞよろしくお願いします!!
8_pr

2017年3月13日 (月)

第8回朗読CAFEライブ 2017/4/8@六本木シンフォニーサロン

朗読カフェ LIVE 8回目も出演させていただくことになりました。
今回は、犬にまつわる短いお話2編を一人で読ませていただく予定です。
土曜日開催です。お時間があれば、ご来場のほど、よろしくお願いします!

2017年4月8日(土)
第1部 14時~ 第2部 18時~
場所 六本木シンフォニーサロン
1部と2部の演目は異なります。
たぶん私の朗読は1編ずつ、1部、2部両方でやると思いますが、調整中。
正式に決まりましたら、このブログでお伝えします。
チケットは、こちらのページの私のアドレスまで連絡して下さい。手配いたします。
どうぞよろしくお願いします!!
8_pr

2017年1月31日 (火)

朗読「接吻」江戸川乱歩 (2)

何がつじつまが合わないかって、

この話のトリックである「洋服ダンスの鏡が45度の角度で開いていて、正面のものが左側に見えた」というのなら、鏡に映ったものは、左右が反転しているはずなのです。

でも、写真を入れた抽斗についての二人の発言を聞くと・・・
宗三は、真正面の箪笥の上の左の抽斗だと言い、
お花は、左側面の箪笥の上の左の抽斗だと言っています。

22262426


もし、お花の姿が鏡に映ったものだったとしたらですね・・・
お花が左の抽斗に写真を入れたというのなら、
宗三には、左ではなく、右の抽斗に入れたように見えるはずなのですが。

ということは、うそを言っているのは、お花であるというわけです。

2820


鏡で姿が反転することを作者の江戸川乱歩が気付いていないわけがない。
でも、お話の中で、はっきりさせていないのは、そういう含みを持たせているのだろうか?
江戸川乱歩の解説本には、そのあたりのことを書いている人はいるのかな?

ということなのでした。

では、もう一度お聴きください。

2017年1月25日 (水)

朗読「接吻」江戸川乱歩

今年初めにUPしました。30分くらいです。
YouTube動画の中にトリックのカギとなる図と会話を入れています。
わかりやすいかなーと思って解説の図を入れたのですが、どうでしょうか?

ただ、このお話、2人の主張のどちらが本当だったのかが、はっきりさせてないのですが、その種明かしのところが、よく読むとつじつまが合わないのです。図を書いてみてわかったのですけど。
ということは、つじつまが合わない方がうそを言っているということになるのですが、そこまで作者が意図していたのか?それとも、単なる間違いだったのか?

と、いろいろ書いても、読んでみないとなんのことだかわからないでしょうね。
では、お聴きください。

2017年1月16日 (月)

第2回吉野弘のこころを詠む 朗読コンクール

・・に、2017年1月14日(日)、ひっそりと行って参りました。
昨年、優勝を頂いたので、今年はやめておこうかなとも思っていました。
でも、事務局から募集案内が届きましたので、まずは応募してみましたところ、決勝に呼ばれた次第です。しかし、ほんとに出場するかは最後まで迷っていて、参加意思確認のハガキを締め切りぎりぎりで出したのでした。
今回は、吉野さんのこころを表現すること、昨年の講評で脚本家の山田太一さんからコメントされた「愛」を表現することを課題にして、自身の朗読の芸術点を高めるために出ることにしました。
・・とかっこいいことを書きましたが、実際に観客の皆さんの心のスイッチに声が届いたのかな?よくわかりません。マイクの前に立つと、「すかーんっ」と何をしたかったか忘れてしまってました。(結果は優勝ではなかったです)

迷っていたけど、でも、行ってよかったかな。伝える場をもらえたのも良いですが、
去年のことを覚えていたスタッフの方や去年も出場された方から声かけていただいたりとか、昨年11月の朗読マラソンで知り合った人が来ていたりとか。
それに朗読会を企画しているので、来てみませんかなんてお誘いを受けたりして。
うれしいことです。
ちょっとずつ、F2Fの朗読ネットワークも広がってきている感じかな。

今年の語り人活動も楽しみになってきました。

ちなみに、私が出演予定の第8回朗読カフェLiveは、2017年4月8日(土)に六本木シンフォニーサロンで行われます。題材選びなど開始しています。来場をお持ちしております。詳細が決まりましたら、こちらにUPします。

2017年1月 3日 (火)

2017年・・

おめでとうございます。本年も週末の「語り人」活動は進めてまいります。
今年は語りの面白さを広く伝える活動も開始できたらと思います。

さて、2月に結婚披露宴の司会を承っております。(勤務先の年の離れた後輩になりますが、仕事上は先輩ですかね。)お二人の人生の節目のお手伝いができ、うれしく思うとともに、しっかりとやらねばと思う次第です。
招待状の中に食事のアレルギーを申告するシールが入っていました。シールを貼って返信するのですね。最近はいろいろな配慮がなされているのですね。
ついでに、最近の披露宴で思うのは、招待者の多くがカメラマンになっていること。スマホで気軽にパチパチできるので、「カメラをお持ちの方は前へ・・・」と司会が言わなくても、高砂の席へ大勢の人が集まる。専属カメラマンに自分のスマホに撮影をお願いする。これ、宴の時間がおしてしまう原因なのだそうです。司会をしていて、時代の変化、技術の変化を目の当たりにする光景だったりします。
では、本年もよろしくお願いいたします。

161230_113932_r161230_114043_r_2

2016年12月23日 (金)

朗読「心理試験」江戸川乱歩

数か月ぶりの朗読カフェYouTube更新となります。
1時間37分ものなので、冬休みのお暇なときにお聴きください。

コメント・ご感想などあれば、ブログ、YouTubeに書き込んでください。よろしくどうぞ!

2016年12月15日 (木)

次回の朗読カフェLiveなど

第8回朗読カフェLiveは、2017年4月8日(土)に行われます。
場所はいつもの六本木シンフォニーサロンです。
詳細が決まりましたら、お知らせいたします。お楽しみに。
年が明けたら、ライブの題材探し、練習が始まるでしょう。

さて、しばらくYouTubeへの朗読UPが滞っておりましたが、ようやく1つ出来上がりました。来週にはUPされますので、しばらくお待ちください。

2016年11月29日 (火)

朗読マラソン@港北図書館に参加しました(2016/11/20)

24人参加で、13時から16時までの3時間の朗読マラソンでした。
図書館2階の会議室で、24人が8分以内で朗読をしていくというもの。

24人も参加することにびっくり。
読みたいという人は、案外いるのですね。
会場の中は、読み手でいっぱい。
いろいろなスタイルの朗読を聞くことができました。

聞くだけの人も来ておられました。
出入り自由で、後半に進むに従って、人も少なくなった感じ。
聞いているだけでも大変なことです。

ただ、読み手の中で、途中で帰ってしまう人がいたのは残念。
朗読の場があるのは、聞いてくれる人がいるからこそ。
3時間の予定なのだから、 最後まで聞くのは、礼儀なのではないかと思いました。

個人的には、読みで1か所、噛んでしまったところありました。
うーん。いかんなーと思ったのでした。
一瞬、気を抜いたり、活字から目を離したときに間違えがち。
読んだのは、吉田修一さんの「ポブジカ、ブータン」から抜粋。
以前の朗読カフェLiveで読んだものです。
エッセイでしたので、まあ、伝わりやすかったのではと思った次第です。

ともかくも、ライブで読む緊張感を再確認できたのでした。

さて、次回の「朗読カフェLive」は、来年3月に行う予定になっています。
(現在、会場と調整中であります)

あと、最近YouTubeに新作が上がらないのは、江戸川乱歩を長い作品を読んでいるせいです。年内には仕上げたいのです。少々お待ちください。

2016年11月14日 (月)

朗読マラソン@港北図書館 2016/11/20

11/20(日)に横浜市港北図書館で行われる「朗読マラソン」で朗読することになりました。
13時から16時まで、朗読好きな人が順々に朗読していくもののようです。
先着順の申し込みで受け付けてもらえました。(最大20名とのこと)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/chiiki/kohoku/#161120rodokumarason

港北図書館では、定期的に朗読グループの朗読会をやっていて、 以前、それを聞きに行ったことがあります。 朗読する場を提供するイベントもやっているのですね。

どのような方が読みに来るのか、また、聞きに来るのかわかりませんが、いろいろな方に聞いてもらえる場が広がるといいなと思っています。

聞く方とすれば、入れ替わりで20人、全部で3時間も聞いてるのはつらいかな。「朗読マラソン」というネーミングも耐久性を求められそうになります・・・
たぶん、出入りは自由な感じなのでしょう。

ちなみに、私は、6分くらいのエッセイを朗読します。
お時間あれば来てみては?と言いたいところですが 私の出番が、いつごろなのかはわかりません。 どんな感じで行われるかも感じつつ、ライブの緊張感をもって参加してみますね。

«朗読 「算盤が恋を語る話」江戸川乱歩

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ